色を使ってオーラを活性化する方法!

スピ活サポート

こんにちはmayaconです。

私たちの体はエネルギーフィールドに包まれているとされています。

俗に言う”オーラ”というものです。

今は自分を内観して、オーラを整えておくことが重要なタイミングにきています。

自分に必要な色を使ってオーラを活性化させ、心と体を整える方法についてお伝えさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

自分に必要なオーラの色の見つけ方

オーラの色の特徴については、ドゥーガル・フレイザー氏によるカラー・アクティベーション(色の活性化)を参考にさせて頂きました。

彼はわずか8歳から大人へのオーラリーディングを開始し、20歳で全米TOPサイキックに選出された経歴を持っています。

”オーラを瞬時に見とおす卓越した透視能力””カラーリーディング能力”を活かして、ハリウッドの大物セレブたちを魅了してきました。

ドゥーガル・フレイザー氏によりますと、オーラの色はずっと変わらないものではなく、思考の傾向または経験などによって絶えず変化するのだそうです。

自分自身がもっとも必要としているエネルギーによって、特定の色がとても心地よく感じられるとのこと。

いっぽうであまり心地よくないと感じる色もあるそうですので、色を意識したり身近に置くことで、感覚がどのように変化するか、気を付けて感じ取ってみることが重要なのであります。

これから代表的な6色の、オーラの色が持つ特徴と『色のアファメーション』『色の活性化』『色のシャドウ・サイド(影の面)』を説明させて頂きますので、自分にしっくりくる色を見つけてみて下さい。

※アファメーションとは、”自分に言葉がけをすること”でなりたい自分を現実化していく方法です。

スポンサーリンク

白

【白のアファメーション

”私は白のスピリチュアリティと明晰(めいせき)さに浄化されます”

【白の活性化】

白は全体的なオーラのクリアリングに使用されます。

現実に追われ、自分を見失っていると感じる時、活性化すると良い色です。

浄化力を高めるのに最適なのは『バスタイム』です。

入浴グッズに白を取り入れてみる、体を洗うスポンジやタオル、白い椅子や白い容器、白いアロマキャンドルなども良いかもしれません。

”バスタイムで白い小物”を用いて、”白い色を意識する”ことで白の持つエネルギーの活性化が期待できます。

【白のシャドウ・サイド 】

白を意識して活性化すると、今まで手放せずにいた思考(否定や制限など)が出てくることがあるのだそうです。

そのようなものを感じたら、自分を大切にしているか自分のために心地よくなる時間がとれているか、今一度考えてみてみましょう。

白のエネルギーのバランスをとるには、自分のためだけに心地よいことをする時間が必要とのことです。

紫

【紫のアファメーション

”私は私の運命につながっています”

【紫の活性化】

紫は”決断力、リーダーシップ、運命の力を引き出す”とされています。

紫色のアクセサリーや天然石であればアメジストはとても効果的で、イライラしたり気が散ってしまった時など、手にとってみると自分の目的が明確になるのだそうです。

または、プレゼンテーションなど人前でアピールする必要がある場合も、紫の小物やアクセサリーを使うとオーラの活性化に繋がります。

【紫のシャドウ・サイド 】

紫を意識して活性化すると、優柔不断だったり決断力の弱さや後悔の念を感じることがあるのだそうです。

自分自身の運命を人に頼ってしまったり、何かを選んだり決断するのになかなか答えが出ないといった場合は、紫のエネルギーがアンバランスになっています。

紫を活性化していくことで、自分自身の本当の気持ちが素早くわかり、自信をもって決断することができるようになるのだそうです。

青

【青のアファメーション

”私は真実を見る強さを持っています”

【青の活性化】

青は”基本的な正直さや真実を学ぶ”ことを教えてくれます。

自分の中に隠している感情や不安を正直に認め解放して、真実として受け入れ過去のものにして進むちからとなるのです。

青い色を取り込むには、青いシャツやセーターなどを着てみる他に、食べ物としてはブルーベリーが良いとのこと。

青いクリスタルなどを使って青のオーラを活性化するのも、真実を見つけるのにとても役立ちます。

【青のシャドウ・サイド 】

青を活性化すると、自分に正直になり真実を見つけることが出来るとのことなのですが、罪悪感などといった感情が現れることもあるのだそうです。

罪悪感などが湧いてきたら、どのような経験も自分に必要な学びだったこととして受け入れます。

青のエネルギーによってそれらを過去のものとして、前に進んで行く許可を自分に与えることが出来るとのことです。

緑

【緑のアファメーション

”私はクリエイティブな創造性を自由につくりだします”

【緑の活性化】

緑には”本来の自分が持っている豊かな創造性”に気付ける効果があります。

緑を取り込むには緑色の小物を使うこと、または植物を部屋に置いて触ったりするのも良いそうで、中でも緑の野菜を食べることはエネルギーを取り込む最高の方法とのことです。

【緑のシャドウ・サイド 】

緑のシャドウ・サイドは創造性やコミュニケーションがブロックされることだそうです。

自分には『クリエイティブな創造性がない、自分には価値がない』といった、自己否定のような思考の傾向が、緑のエネルギーの活性化によって気付かされることもあるとのこと。

緑のエネルギーを意識して活性化していくうちに、本来の自分の得意な創造性を自由に表現できるようになるのだそうです。

オレンジ

オレンジ

【オレンジのアファメーション

”私はバランスのとれた直感的エネルギーを持っています”

【オレンジの活性化】

オレンジは心理とスピリチュアリティのバランスを繋ぐ役割があります。

肉体的、精神的、感情的に起こる出来事を直感によりバランスを取って整えてくれるのだそうです。

オレンジを取り込むには、オレンジ色の花を飾ったり、ニンジンやみかんなどの食べ物、ウコンなども効果があるとのこと。

【オレンジのシャドウ・サイド 】

オレンジのシャドウ・サイドはエネルギーが不均等で散乱してしまう状態になることなのだそうです。

自分が必要としている”体と心のバランスを作る時間”がなくなっていることに気付くかもしれません。

オレンジのエネルギーを活性化していくと、自分の意識のあらゆる側面を直感でチェック出来るようになり、バランスが整っていくとのことなのです。

赤

【赤のアファメーション

”私は私の感情に健康的なやり方で敬意を表します”

【赤の活性化】

赤は自分の感情の状態に気付く手助けになります。

赤を活性化した時、自分が楽しいのか、不快なのかといった感情の表現をコントロールできるようになるのだそうです。

赤を取り入れるには、ネイルやリップなどの化粧品や靴下、リンゴやイチゴなど赤い果物を食べるのも効果的とのことです。

【赤のシャドウ・サイド 】

赤のシャドウ・サイドは神経過敏になってしまうことなのだそうです。

赤は自分の気分や感情のレベルのバランスを調整するのに役立ちます。

自分自身が極端に何かしらの感情を感じてしまった時、赤のエネルギーは心のバランスをとるように導いてくれるのだそうです。

まとめ

色にも周波数があるのですが、周波数の高いものほどエネルギーが高いとされていて、周波数の低い色から順番に言いますと、赤→オレンジ→緑→青→紫となります。

不思議なことにチャクラの色の位置と合っているのです!

※白は頭の上にあるチャクラの色と言われています。

チャクラ

自分にしっくりくる色、必要だと思う色が見つかったらアファメーションをしてみたり、色を使ってオーラの活性化を実践みて下さい。

自分の反応を意識していると、生活の中でどのエネルギーがより多く必要か、もしくは足りているのか気付くことができるようなります。

それぞれの色の持つエネルギーを活性化することによって、もともと私たちが持っている”色への直感力”が目醒め、未知なる能力を開花させるきっかけにもなるのだそうです。

そして自分自身がますます光輝き、心と体も整っていくのであります。

日常生活でぜひ色を使ってオーラの活性化をご活用してみてはいかがでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございました!